JavaScript の正規表現で複数文字からなる絵文字を扱えるようにする提案2021年12月04日 23時31分

この記事は JavaScript アドベントカレンダーの 4 日目の分です。


今やあちこちで使われている絵文字ですが、その中には 1 文字に見えるのに複数の文字 (符号位置) から構成されるものがあります。例えば「👨‍👩」という男女が並んだ絵文字は、U+1F468 MAN、U+200D ZERO WIDTH JOINER、U+1F469 WOMAN の 3 つの符号位置からなります。

JavaScript の正規表現でこのような絵文字にマッチさせようとすると正規表現パターンが長大になってしまいます。また、文字クラス [...] 内にこのような絵文字を記述すると、「U+1F468、U+200D、U+1F469 という符号位置の並び」ではなく「U+1F468、U+200D、U+1F469 のいずれかの符号位置」にマッチしてしまいます (/u フラグが有効な場合)。

これを解決するための提案が ECMAScript proposal: support properties of strings (a.k.a. “sequence properties”) in Unicode property escapes です。Unicode において符号位置の並びに対して定義されているプロパティを、正規表現パターンで扱えるようにしようというもので、2021 年 12 月現在は stage 2 となっています。

これが実現すれば、\p{RGI_Emoji} という正規表現パターンが「👨‍👩」という符号位置の並びにマッチするようになります。さらに、このパターンは文字クラス [...] の内部で使うこともできます。ひとつの文字クラスにマッチするのはひとつの符号位置 (/u フラグが無効な場合はひとつの符号単位) というこれまでの常識が覆されるのです。

個人的には、将来的に JavaScript 組み込みの機能で Unicode の書記素クラスタを扱えるようにならないかと期待しています。

参考文献

コメント

_ petamoriken ― 2021年12月30日 19時21分

Intl.Segmenter が既にありそうです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「ハイパーテキストマークアップ言語」をアルファベット4文字でいうと?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nanto.asablo.jp/blog/2021/12/04/9445521/tb