Windows 10 で Emacs キーバインディングを利用するための設定のメモ2016年01月31日 11時26分

Windows の操作全般および MS-IME で Emacs のようなキーバインディングを利用するための個人的なメモ。

Ctrl キーの位置調整

Change Key を利用。管理者として実行する。

  • CapsLock → Ctrl (左)
  • カタカナ/ひらがな → Shift (右)
  • 半角/全角 → Esc

XKeymacs の設定

XKeymacs のスナップショットバージョンを利用。Explorer を「管理者として実行」し、その上で C:\Program Files にフォルダをコピー。

dot.xkeymacs

以下の内容でファイル %APPDATA%\dot.xkeymacs (たいていは C:\Users\{user}\AppData\Roaming\dot.xkeymacs) を作成。

(fset 'browser-back [browser-back])
(fset 'browser-forward [browser-forward])
(fset 'find-next [f3])
(fset 'find-previous [?\S-f3])

プロパティの「基本」タブ

  • 「アクティブウィンドウから離れる」の C-z 及び M-F12 を無効化
    • C-z は素通しさせ、「元に戻す」として扱う。
  • 「消去、編集」の C-t 及び C-x C-t を無効化
    • C-t は screen でのメタキーとしてのみ用い、他の用途には使わない。
  • 「その他」の Esc 及び C-[ を無効化
    • メタキーには Alt のみ用い、Esc は Esc としてのみ用いる。
  • 「IME の切替え」の全項目を無効化
    • IME のオン / オフは変換 / 無変換キーで行う。
  • 「その他」の C-x h を無効化
  • 「移動」の C-l、「消去、編集」の C-k、「その他」の C-u を無効化
    • MS-IME に対して「XKeymacs を無効にする」としていても、Firefox など (IME で入力中の文字列を自前で描画するアプリケーション?) では MS-IME での入力中に XKeymacs の設定が適用されてしまうので、MS-IME のキー設定と干渉するものは無効化しておく。
  • 「その他」の C-0 ... C-9 を無効化
    • 誤爆しかしない。必要なコマンドの数を事前に算出し、正しい数値のキーを打つのは私には困難。

プロパティの「詳細」タブ

  • 「その他」の Esc に Ctrl + [ を割り当て
    • C-[ は Meta ではなく単なる Esc として用いる。
  • 「その他」の Temporarily Disable XKeymacs に Ctrl + ; を割り当て
    • C-; C-○ と打つことでネイティブのショートカットキーを利用できる。";" (セミコロン) はホームポジションなので打つのも簡単。
  • 「その他」の Select All に Ctrl + X H を割り当て
    • Firefox Nightly で C-x h が期待通り動作しないので、これをネイティブの「すべて選択」に置換する
  • 「その他」の newline に Ctrl + J を割り当て
  • 「オリジナルコマンド」の browser-back に Meta + , を、browser-forward に Meta + . を、find-next に Ctrl + . を、find-previous に Ctrl + , をそれぞれ割り当て
    • "," (カンマ) は "<" (小なり) すなわち「←」(戻る方向) を、"." (ピリオド) は ">" (大なり) すなわち「→」(進む方向) を、それぞれ表す。

MS-IME の設定

  • 「スペースの入力」を「常に半角」
  • 「Shift キー単独で英数モードに切り替える」を有効化
  • 英数字及び記号類を「常に半角に変換」、ただし「~」のみ「変換しない」

MS-IME のキー設定

インポート / エクスポート機能がなさそうなので、ひとつずつ設定しなおしている。

キー 入力/変換済み文字なし 入力文字のみ 変換済み 候補一覧表示中 文節長変更中 変換済み文節内入力文字 備考
無変換 IME-オフ 全消去 文節戻し 候補閉 文節戻し 全戻し 何もなければ IME オフ、ほかは Esc と同じ
Shift + 無変換 かな切替 かな切替 かな切替 かな切替 かな切替 かな切替
変換 IME-オン 何もなければ IME オン、ほかは変更なし
Ctrl + 変換 再変換 何もなければ再変換、ほかは変更なし
Ctrl + A 文字先頭 文節先頭 候補先頭 - 文字先頭 Home と大体同じ
Ctrl + B 文字左 文節左or文字左 文節左or文字左 文節左 文字左 「←」と同じ
Ctrl + C - - - - - 握りつぶす
Ctrl + D 1文字削除 1文字削除 候補閉 - 1文字削除 Delete と同じ
Ctrl + E 文字末尾 文節末尾 候補最後 - 文字末尾 End と大体同じ
Ctrl + F 文字右 文節右 文節右 文節右 文字右 「→」と同じ
Ctrl + G 全消去 文節戻し 候補閉 文節戻し 全戻し Esc と同じ
Ctrl + I 予測候補表示 - 候補表示切替 - - Tab と同じ
Ctrl + J 全確定 全確定 候補選択+確定 全確定 全確定 Enter と同じ
Ctrl + N 全変換 変換+次 変換+次 文節変換 全変換
Ctrl + P 全変換 前候補 前候補 文節変換 全変換
Ctrl + Q - - - - - 握りつぶす
Ctrl + R - - - - - 握りつぶす
Ctrl + S - - - - - 握りつぶす
Ctrl + U カタカナ カタカナ カタカナ カタカナ カタカナ
Ctrl + V - - - - - 握りつぶす
Ctrl + W - - - - - 握りつぶす
Ctrl + X - - - - - 握りつぶす

Ctrl + H/K/L/M/O/T/Y/Z は変更なし。

MS-IME のキー設定の「機能選択」には「-」という項目がふたつ存在するが、先頭のものは MS-IME を利用しているアプリケーション側にそのキーを伝え、末尾のものは MS-IME 内でそのキーを握りつぶす。

コメント

_ (未記入) ― 2016年03月16日 01時15分

このような投稿、とてもありがたいです!ありがとうございます!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「ハイパーテキストマークアップ言語」をアルファベット4文字でいうと?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nanto.asablo.jp/blog/2016/01/31/8005888/tb